スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールファームテスト

2011.09.12.00:51

メールフォームテスト
スポンサーサイト

話題沸騰!!大人気SKYHDチューナー

2011.09.05.14:49

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 話題沸騰!!大人気SKYHDチューナー
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

テレビに繋げるだけで
スカパーもWOWOWも完全無料で見れる!!

スカパー月額10,650円+WOWOW月額2,415円=合計毎月13,065円の有料チャンネル料金が

購入したその日から永久無料になります

<スカパーチャンネル受信料金※単独契約時

スター・チャンネル ハイビジョン <映画> 2,100円
J sports 1 <スポーツ> 2,580円
ディズニー・チャンネルHD <アニメ> 730円
MTV HD <音楽> 840円
ユニバーサル チャンネルHD <ドラマ> 630円
ダイナマイトHD <アダルト> 2,415円

毎月10,650円!?

今月も翌月も翌々月も毎月10,650円!!?


無駄なお金を払っていませんか!?


この費用がSKYHDチューナーがあるだけで永久無料に!!

ご家庭にSKYHDチューナーがあればそれだけでOK!!





つまり

1) 約200種類の有料チャンネルが無料で見放題!!
2) 契約の面倒なし!!
3) 月額費なし!!永久に無料!!


SKYHDチューナーを使用している人と、SKYHDチューナーを使用していない人では年間に12万円以上の差が生まれるんです!!


在庫限り!!万能デジタルチューナーSKYHDはコチラ!!

8/31 在庫完売致しました。


9/4 再入荷しました!!ご好評につき今なら5000円引き!!

さらに、なんと【送料無料】でお届け致します!!だそうです。



SKYHDチューナーをお探しならここ!!













【規制回避のための退会の際の工夫】

2011.09.02.15:24

【規制回避のための退会の際の工夫】

規制対象になったことにより退会する場合、後日、再入会の際に同一加入者とみなされる機会を減らすために、あらかじめ登録の電話番号、住所をどうでもいいもの(架空でもよいが、念のためには姓を同じくする親戚ぐらいが妥当か)に変更しておくという工夫の余地があります。

後日の登録の際には、連絡や郵便物到着の必要という制約があるため、その制約にかかる情報はできるかぎり温存しておくのが得策だろうということです。

もっとも、実際に試してみたわけではなくその実効性は不明です。

スカパーのシステムの設計しだいでは、新たな入会申し込みに際し、旧番号、旧住所との間でも一致の有無を照合するということもありえます(可能性は低いと思われますが)。


※ 情報を実行したことによる責任は一切負いませんので、ご了承ください。 ※

スカパー無料技3(=半額技)No,4

2011.09.02.15:24

スカパー無料技3(=半額技)No,4

b)

事後の対策万が一、規制対象とされてしまったら、未練なく退会し、別名義でスカパーに入りなおせば履歴がクリアとなります。

このとき、同一加入者による再契約となるかどうかは、再仮登録の許否のための判断基準(2で前述)とは異なり、氏名、電話番号、住所の全部一致があるかによって判断されます。

したがって、契約者名義および住所が同一でも、契約者電話番号さえ異なれば(携帯や勤務先番号にする)、
新規加入とみなされ、前回と異なるお客様番号が割り当てられることになります(仮登録の条件を満たしていない場合には、仮登録の恩恵は受けられません)。

もっとも、再入会の場合は入会手数料が免除される関係で、スカパーの側で「善意で」再入会とみなすことがあります(関係者はこれを「紐付け」と呼びます)。

これは、<入会申込書によって新規加入したが実質的には再入会だから入会手数料は免除が妥当である>という要請に対応するためです。

何らかの理由でオペレータに問い合わせをすることがあった際などに、善意の紐付けをされないよう、つまり藪蛇となるような言動をしないように注意してください。


【規制回避のための退会の際の工夫】へ


※ 情報を実行したことによる責任は一切負いませんので、ご了承ください。 ※

スカパー無料技3(=半額技)No,3

2011.09.02.15:24

スカパー無料技3(=半額技)No,3

a)

事前の対策<2/3技>
翌月末解約による実質半額はあきらめ、翌々月末解約による実質2/3課金でよしとする(これであれば規制されない)。

<ICカード2枚挿し>
ICカードをもう一枚用意し(入手方法は前述)、計2枚を用いて月ごとに交換して使用する。

各カードについてみると年あたりの解約の頻度は少ないので規制を回避できる。

なお、一方のカードについて解約をする場合、カードを抜いてからそれを行えば、期せずして前記の寝かせ技に移行する可能性が高い(1ヶ月は寝かせることになる)。

【複数のICカードとお客様番号の関係】

課金回避のための解約繰り返しかどうかのスカパーの判断が、(i)ICカード単位で行われているのか、(ii)お客様番号単位でICカード横断的に行われているのかは明らかではありません。

仮に(ii)であるとすると、<ICカード2枚挿し>のために用意すべき各ICカードのお客様番号は異なるものにしなければ意味がないことになります(その方法はスカパー無料技3(=半額技)No,4)。

個人的な推測としては、通常の利用形態に対して不必要な規制が及ばないようにする要請から、(i)の可能性が高いと思います。


スカパー無料技3(=半額技)No,4へ


※ 情報を実行したことによる責任は一切負いませんので、ご了承ください。 ※
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。